忍者ブログ
おうちでゆるゆる、 ビール飲んで                   つまめる二人料理中心に紹介します・・・*
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/12 SLT-A77]
[05/24 クーヤTOM.]
[05/08 すず]
[04/25 hi-ko]
[04/25 olive]
[04/24 coron]
[04/23 よしみ]
[04/23 コナ]
[04/22 miya]
[04/22 kumakichi]
[04/22 パンプキン]
[04/22 ゆず]
[04/22 セレンディピティ]
[04/22 aho-T]
[04/22 のりたま]
プロフィール
HN:
kappapooh
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





*鶏とアスパラのレモン風味リゾット*

お弁当用に作った鶏の白ワイン煮込みの残りが少しあったので、翌日の私のランチにリメイクして作ったリゾットです。

レモンの酸味が効いたリゾットが大好きです。

お弁当用に作った鶏の煮込みもレモンの酸味が効いていてこれは好みのリゾットができそう♪ とお昼ごはんに簡単に作りました。

鶏の白ワイン煮込みに、ご飯とミニアスパラ、パルミジャーノチーズを加えて煮込んで、出来上がりにカラスミパウダーをかけました。

残りご飯の量と、煮込んだ鶏の量も、私一人分のお昼ご飯にちょうどぴったりの量で、これも満足度が高いわ~♪




鶏を煮込むときに小麦粉をまぶしているので、お米から作ってないのにとろみがでていい感じ~♪

レモンの酸味とアスパラの甘みが美味しいリゾットになりました。

鍋の中にちょっとだけ残った鶏肉もそのままぱぱっと食べてしまうと残りものを片付けてる感じですが、
ちょっと手を加えて別のものとして味わうことで残り物が味気ないものじゃなくなりますものね。





今度は残り物ではなく、ちゃんとしたお料理として一から作ってみたいです。







昨日はちょっと時間ができて久しぶりにゆっくりと過ごしました。

母の病院にも行ったのですが、面会時間が短かったためにできたこと。

実は火曜日は母の手術の日だったのです。

翌日は集中治療室に入ってるので、面会時間に制限があって、病院に行ってもすぐに帰ってきたから・・。

今回の手術は母の体にはリスクが高いために、本当に手術をしていいものかどうか最後まで悩みました。

手術が終わるまでは気が気じゃなくて胃がきりきりと痛くって・・・。

手術当日は朝から姉と二人で控え室で待っていましたが、長時間の手術が終わったのは夜でした。

まだ意識が回復していない母と面会を果たした私たちは、安心してご飯が食べれると、帰りに二人で食事をしました。




選んだのはスペイン料理のお店。

ちょっとお酒を楽しむようなお店だったのですが、二人で「今日は飲もう!」と選んだのでした。

「とりあえず、乾杯!」

とビールを飲んで手術のとりあえずの成功を喜びました。

手術が終わっただけで、母の病気はまだまだ難問がいっぱい。

これからのことも考えると不安がいっぱいですが、今はずっと心配していた手術が無事終わったことだけを考えて気持ちを楽にしたかったんです。

あ~、でも本当に姉がいてくれてよかった。

姉もそう思ってくれてるようで、二人で母を看ているということで気持ちがとても楽になります。

母の病気とはまだまだ長い戦いになるかもしれませんが、二人で頑張ろうと思ってます。

スペイン料理のお店でとっても満足した後に、勢いで輸入食材のお店に立ち寄っていろいろ買い物をしたりして、久しぶりに姉と楽しい時間を過ごしたのでした。
















クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ
PR


大好きなパクチーを久しぶりに買ってきました。

近所のスーパーでは売ってないので、ここしばらくは食べてなかったのです。

デパ地下で見つけたのでこの時期ちょっとお高いですが、嬉しくなって買ってきました。

実は、買ってきたその日にタイ風なお料理を2品作ったのですが、写真におさめなかったので、アップすることができませんでした。

夫も絶賛だったのにな・・・。

パクチーは傷みやすいので、先日タイ風料理をやったばかりですが、パクチーが傷んでしまわないうちにまたタイ風なお料理を作りました。





*タイ風チキンカレー*

以前は無印良品のタイカレーキットで作っていたタイカレー。

その後、タイ土産でいただいたカレーパウダーを使ったりして自分で作ったりもしていましたが、久しぶりに作りました。

鍋に油をひいてにんにく、生姜のみじん切り、赤唐辛子、クミンシードを入れて炒めます。
玉ねぎを加えてさらに炒めたら、鶏もも肉に小麦粉をまぶして鍋に入れて一緒に炒めて、
酒、鶏がらスープ、を入れてカレーパウダーを加え、よく混ぜます。
水、ローリエを入れて煮込んでいきます。
パプリカを加えて、さらに煮込み・・。
ココナッツパウダーを牛乳で溶いて加えいれ、ナンプラーで味を調えます。
ご飯を盛り付けた器にカレーを注ぎ、パクチーを添えて出来上がり。





わ~い、久しぶりのタイカレー!

美味しい~♪

本当は赤唐辛子を入れ忘れたので、途中、カイエンヌペッパーを大量に入れて辛味をだしました。

夫は辛いものが得意ですが、体が反応して汗をかきながら食べてました。

「いい感じだね~♪もっと辛くてもいいけどね。」

もっと汗をかきたいってか?





*海老のナンプラーチリソース*


先日夫が絶賛したのは、チキンのナンプラーチリソースでした。

チキンは酒、ナンプラーとにんにくで下味をつけて唐揚げにして、今回と同じソースでいただいたのです。

それをもう一度食べたかったのですが、カレーにチキンを使ったので、こちらは海老でやってみました。


海老は皮をむき、背わたをとってボールに入れて、酒、にんにくスライス、ナンプラーでもみこんでおきます。
小麦粉をまぶし、卵白を加えて海老を手でよくもみ、全体を絡めたら油で揚げます。
白ねぎをみじん切りにして、チリソースに加えて、にんにくスライスをしばらく漬けておいたナンプラーを加えたソースを器に敷き詰めて海老を盛り付け、パクチーを添えて出来上がり。





「いや~、この間のチキンも美味しかったけど、これも激ウマだよ~!」

タイ料理はいつも夫が絶賛してくれます。

にんにく、ナンプラーの黄金コンビがお気に入りだからでしょうか。

そこにパクチーが加わって言うことないって感じが伝わります。

こういうのは、パクチーがあって成り立つお料理でしょうね~。

そう思うのは、私も夫もパクチー好きだから?


なかなか近所では買えないパクチーですが、そのためだけでもわざわざデパ地下に行って買ってきてもいいかも・・・

美味しい思いをした直後はこんな風に思えます。

でもなかなかそのためだけにデパ地下には行けない私です・・・・。
















クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ
休日ランチです。

まずは土曜日。夫にお昼は何が食べたい?って聞くと、

「候補は何があるのか言ってよ。」

と夫。

そうです。何食べたいか聞いても「あ、それは無理。」と却下してしまうことがよくあるので、何ならできるのかを聞きたいようでした。

確かに・・・買い物をずっとしていないのでやれるものにも限りがありました。

「う~ん、チャーハン、パスタ・・・お好み焼きくらいかな??」

「迷うな~。どれもいい感じだよな。・・・お好み焼きかな?!」

ということでお好み焼きに決定!

私も前日ここでお好み焼きの話をしていたので、すっかりそのモードになっていたようです。




この日、写真は撮らなかったので、これは更新していない頃に撮ったお好み焼きの画像です。

いつもは豚バラを入れるのですが、なかったのでこの日はベーコンと海老を入れました。

基本の作り方はコチラ→★

ソースは今はおたふくソースを使ってます。

作り始めてすぐに

「あ、ヤバ!小麦粉がない・・・」

独り言だったんですが、夫にも聞こえたようで・・・。

「え~、なんだよ~。」

いや、できます、できます。全然ないわけじゃない、なんとかなるから!

私ってばいつだってこんな感じ。よく確かめもしないで取り掛かってしまいます。

でもなんとか二人分のお好み焼きはできました。

「海老入りのお好み焼きもいいね~♪
・・・・なんかもっと食べたいんだけど・・・。」

という夫の言葉には

「小麦粉がないから無理っ!」

と、きっぱり。実はおたふくソースもこの時点で終了しちゃってましたし・・。




この写真は秋に食べたお好み焼きですが、この日は広島風の焼き方にも挑戦しました。

この切り分けた写真は広島風のつもり・・明らかに違う~!!

たぶんちゃんと理解してないために、そんなにうまくできませんでした。

広島風・・生地をクレープ状にするという時点で、まず生地の配合が違うんでしょうね。

普段作ってる関西風のお好み焼きのほうが美味しくできました。

広島風もちゃんと研究していつか美味しくできるようになりたいです。






そして、翌日日曜日のランチです。

今日はこれにしようと決めていたので、夫に何が食べたいかは聞かず作り始めました。

作りたかったのは*オムハヤシ*。でもできあがったのは・・・



見た目と味的には*オムハッシュ*??

まず、トマトがなかった!次に致命的にも・・・デミグラスソースがなかった!!(またか・・・)

デミグラスソースは買い置きしてあると思ったんですけどね~。

でも、もう玉ねぎを炒め始めていたので、そのまま続行~!

ちょっと玉ねぎを焦がし気味にして、バター、小麦粉、酒、ブイヨン、鶏がらスープ、クレイジーソルト、ローリエ、ケチャップ、ソースなど、それこそめちゃくちゃと思われるくらい適当に放り込んで。

味見をしながら作っていきました。

でも、ま、なんとかそれなりに美味しくできたんです。

焦がし気味に炒めた玉ねぎがいい感じの色になってくれたような・・。

ちょっとしゃびしゃびですけど(汗)。





玉ねぎ、にんじんを入れて炒めたご飯の上にオムレツをのっけて、周りにはハッシュドビーフもどきを盛り付けて・・・。

オムレツにナイフを入れます。




さっと開くとトロットロのぉ~!と言いたいところでしたが、ごらんの通りの出来栄え・・・・。

スピード勝負と思って挑んだのに、最後の最後でもたついてオムレツに火を通しすぎました。





でも、お味は、見た目に反してとっても美味しかった!

なんちゃってハッシュドビーフも、あっさり味でいい感じでした。

夫も大満足!

今日辺りデミグラスソースを買いに行かなくっちゃ・・・。






食後のデザートはハネージュメロンのシャーベット。

この季節、我が家のリビングはとても陽当たりがよくって、熱々のものを食べた後は体も暑くなってしまいます。

冷たいものがちょっと食べたくなるんですね~。



昨年の秋(夏だったかも・・)に冷凍しておいたメロン(少量でした)に氷2個と砂糖を少し足してをミキサーにかけて、簡単シャーベット。

クールダウンして、これまた満足でした~。









クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ


月曜日の晩御飯。

ちゃんとやってるように見えて、手抜きです(笑)。

ワインを飲みたかったので、ワインとビールを食卓に置くだけで、手をかけた夕飯なのよ~と言ってるみたい。

最近、時間がないときによく登場するタジン鍋。この日も登場。

材料を入れて放置して・・その間に他のことがいろいろできるので便利です。

出来上がりに鍋ごと食卓に出してもさまになります。



*アンチョビとキャベツの温かいサラダ*

電子レンジでチンしてしんなりさせたキャベツに、アンチョビとケッパーを加えてオリーブオイル、レモンで和えただけです。
パルミジャーノチーズを乗せたことで手をかけてるように見えますが・・。




*豚ボイルモツの赤ワイン煮*

色がよくなかった!

夫は明らかに「ゲッ!」っていう表情。

ま、ま、味は悪くないからね~。

と言ったものの、そんなに好きじゃないって言われてしまいました・・・。

ニンニクをオリーブオイルで炒めて、玉ねぎ、ボイルモツを加えて、酒を入れるはずが・・・・

同じような紙パックの白だしを入れてしまったんです!!

ぎゃ~!って思いましたが・・・味を見たらそんなに悪くなかった。

そこに赤ワインを加えてみたら・・どうなのかといろいろやった結果なんです。

私は、美味しいじゃないの~♪ って思ったんですけどね。

色がいかんかったかな・・。

ま、そう言いながら完食する夫なんですけどね(汗)。



この日は、パエリヤ風。

鍋用にわたり蟹を買ってきてあったので、それと海老を使って。

でも、この日は完全手抜きバージョン。生米ではなく冷凍してあった残りご飯を使いました。

トマトや、きのこ類も入れてません。




ニンニク玉ねぎのみじん切りを炒めて、蟹、海老を加えます。
白ワインを加えて、ご飯を加えて水に浸したサフラン、水、鶏がらスープ、セロリの葉っぱ、ベーコンも加えて蓋をして・・・。
適当に見計らって蓋を開け、クレイジーソルトで味を調えたら出来上がり。





なんにもしなくっても蟹と海老でいいお味~♪

夫にはちょっとセロリが多すぎたみたいでしたが・・。


こんな日もありってことで。







母の入院でバタバタしていますが、そんな中でも母にはいろいろ教わることが多い毎日です。

泣いたり、笑ったり、怒ったりと昔から感情表現豊かな母でしたが、私がとても助かるのは、
母は年老いて、とっても穏やかで可愛らしい人になっていってるということ。

私や姉にいろいろ言われてもぺろっと舌を出して笑って聞いてくれます。

「こんなに娘に口やかましく言われて腹がたたない?」

って聞いても、

「あんたたちに言われて腹が立つなんてことは一つもないわよ。
逆に申し訳なくってね~。」

と言う母。

こんな寂しい入院生活で、泣き言も言ってはいますが、最後は

「あんたたちにも迷惑かけるね~。私も頑張らないとね。」

と言ってくれます。

もちろん、父が亡くなってから、多くの人に助けられたということもあるんでしょう、人への感謝の気持ちをよく口にします。

当たり前のことかもしれませんが、年老いて自分のことしか考えられくなる人もいる中で、
母がそうならないでくれてることはとてもうれしいことなのです。

何より、今は母の世話をしているという気持ちではなく、母と接していると心地いいと思える自分がいます。

入院したおかげで以前は週1回しか実家に行かなくなったのが今はほぼ毎日母と会えるというのも嬉しいものです。

先日、姉のために里芋を煮て持っていったのですが、点滴中の母がとてもうらやましがってました。

「あ~、いいな~。今何が食べたいって聞かれたら、絶対里芋の煮たのが食べたいって言うなぁ。」

食べれるようになったら早速里芋を煮て、母に持っていってあげようと思ってます。











クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ


*イカのオリーブ風味リゾット*

スーパーで刺身用のいかを買ってきました。

まずは塩辛を作り、その残りを使って夕飯を作り、その夕飯の残りで作ったのがこのリゾット。

おとといの私のランチです。



鍋にオリーブオイルをひき、スライスしたニンニクと玉ねぎ、細かく切ったベーコンを炒めます。
適当に切ったイカを加えてさっと炒めたら、白ワインを加えます。
水とブイヨンを加えたら蓋をして煮込みます。
いかが柔らかく煮えたら、ブラックオリーブを入れて、クレイジーソルトで味を調え、さらに煮込んで出来上がり。


これが前日に煮込んだもの。

そして翌日のランチは、ここに冷蔵庫の残りご飯を入れてリゾットにしました。

仕上げにパルミジャーノチーズ、パセリを散らしました。

いつもリゾットはお米から作りますが、この日は毎日の夫用のおにぎりの残りご飯がたまっていくので、それを使いました。



これは美味しい♪

なんで、これを前日のメインにしなかったのかしら~。

これが残り物なんて贅沢な話だわ~。

夫も知らない事実です(笑)。


というのも前日は、このお料理の一部しか使ってないので・・。







前日の晩御飯です。

この日買ってきた、イカやら鯛やらを使っての洋風メニューです。



ハイ、先ほどの煮込んだイカはサラダにしたのでした(笑)。

ドレッシングの代わりにこの煮込んだイカのスープをかけて、なかなかに美味しいサラダになりました。

ローストしたくるみを散らして。

この一工夫が夫を喜ばせます。

「いいね~♪こういうのが入ってるのが好きなんだよな~。」



*鯛のポワレ・アーモンドバターソース*

鯛は切り身で2切れ入ったパックを買ってきました。

そのうちの1切れをこの日は洋風なお料理に。

鯛はクレイジーソルトをふりかけ、シンプルにバターでポワレして、アーモンドダイスを加えたバターソースで食べました。

バターソースには、アーモンドのほかにレモンと白ワインを加えました。




「う~ん、これ美味しいね。このアーモンドがいいね♪」

この日の夫の一押しはこれでした。

鯛自体が美味しいから納得です。









鴨はスモークしたものを買ってきてありました。冷凍です。

それを解凍して、フライパンで両面パリッと焼きました。

鴨にはオレンジソースっていうイメージですが、この日は冷蔵庫に4分の1だけ残ってたりんごを使って作りました。

小さな鉄鍋を使って、いつものアップルチーズケーキを作る要領で。

細かく切ったりんご、グラニュー糖、バター、レモン汁を入れた鍋を火にかけ、蓋をしてしばらく煮ます。
水分がたくさんでてきたら、蓋を開けてまわりがカラメル状になりかかるところまで煮詰めます。
赤ワイン、鶏がらスープ少々を加えて塩・コショウで味を調えます。

鴨は切り分けて、お皿に盛り付け、ソースをかけて出来上がり。

マッシュポテトを添えました。






鴨肉には、甘いソースがよく合いますね~。

オレンジソースもいいんですけど、これもなかなか。

もう少し艶っぽく仕上げたかったな~。

鴨肉好きですから、美味しくいただけました~。







最近、洋風メニューが多いのですが、ワインを常備するようになったからかもしれません。

お安いワインですけどね。


ここのところの毎日のメニューは、洋風、和風、中華とテーマを決めて、メリハリをつけてやるようにしています。

そのほうが献立が考えやすいんですよね。

そうすると、毎日のお料理がマンネリにならないような気がします。

その間に鍋、B級なもの、和洋が混ざるような居酒屋メニューを入れたりして。

中華にするときは、たいてい仕事の日なんかの時間がないときが多いかも。

凝ったお料理ではなくさっとできる中華っぽいもの。

昔は夫に何が食べたいか聞くと、「最近イタリアン的なものを食べてないな~。」とか「中華かな?」とか夫がジャンルで答えていたので、私もそういう考え方になったのかもしれません。

最近夫に同じように聞くと、返ってくる答えが

「揚げ物!」とか「かき揚げ!」

ん?結局揚げ物が食べたいんじゃん!

いや、そんな答えばかりじゃないんですけどね。最近は単品で答えることが多くなりました。

そろそろ揚げ物でもやってあげましょうかね。










クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ
忍者ブログ [PR]