忍者ブログ
おうちでゆるゆる、 ビール飲んで                   つまめる二人料理中心に紹介します・・・*
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/12 SLT-A77]
[05/24 クーヤTOM.]
[05/08 すず]
[04/25 hi-ko]
[04/25 olive]
[04/24 coron]
[04/23 よしみ]
[04/23 コナ]
[04/22 miya]
[04/22 kumakichi]
[04/22 パンプキン]
[04/22 ゆず]
[04/22 セレンディピティ]
[04/22 aho-T]
[04/22 のりたま]
プロフィール
HN:
kappapooh
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696] [695] [694] [693]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



*海老マヨ・牡蠣グラタンのお弁当*

すっごく久しぶりにお弁当を作りました~。

これは夫の為ではなく、私自身の為のお弁当です。

母が入院中、ずっと病院通いしていてお昼も病院内の食堂や、売店を利用しての食事をとっていました。

特にお正月の間は姉と一緒に、長い時間病院にいたために間食なんかもしてこれじゃ太るな~と二人で話していたのです。

そんな姉のためにもとこの日は二人分のお弁当を作っていって、母の病室で食べることにしました。





*海老マヨ*

私が最近よく作る海老マヨはサウザンアイランドのドレッシングを使った手抜きです。

海老は殻をむいて、酒、片栗粉、少量の溶き玉子で絡めて油で揚げます。
後は揚がった海老をみじん切りした白葱を加えたサウザンアイランドのドレッシングで和えるだけ。

*牡蠣グラタン*

前日私は病院に泊まったので夫のために牡蠣のクリームシチューを作っておきました。

家に帰ってみると少し残っていたので、それをアルミカップに入れてとろけるチーズを乗せてオーブントースターで焼いてグラタンに変身。

牡蠣のクリームシチューは、牡蠣が縮んで小さくならないように、洗った牡蠣の水気をよくとって、小麦粉をまぶして玉ねぎと一緒に炒めました。



*牛肉とごぼうの煮物*

これも夫のために作っておいた前日の残り物。たくさん煮たのでこれもお弁当のおかずになりました。

*葱入り玉子焼き*

海老マヨに使った溶き玉子はこの玉子焼きの一部を使いました。

ベビーリーフなどの生野菜で隠れてしまいましたが・・・。






姉は

「わ~、これが例のお弁当ね!
ずっと食べてみたかったのよ~。〇〇クンはいつもこれを食べてたのね~。」

〇〇クンとは私の夫のこと。

いつもブログで見てくれていた姉。姉も普段仕事のときはお弁当なのですが、自分のためにはそんなに頑張って作らないということで、人に作ってもらって食べるお弁当は嬉しいようでした。

「牡蠣グラタン美味しい~♪海老マヨも~!」

と何を食べても美味しいと喜んでくれる姉。

よかったよかった。




もう一つのお弁当箱は小さいのでこんな感じ。

外食や売店のおにぎりもいいですけど、自分で作ったものだと量もちょうどいいし、しっかり食べた感じでも後のすっきり感が全然違うような気がします。





*牡蠣入りペンネグラタン*

牡蠣のクリームシチューの鍋の残りがまだ少しあったので、ゆでたペンネを足してその日の夜の私のご飯になりました。



この日、夫は新年会で夕飯はいらなかったので、簡単に済ませた晩御飯でした。


 過去のお弁当はこちらにまとめてます。






母の手術が無事終わって、しばらくは付き添いが必要な状態だったので、姉と交代で病院に泊まっていたこの数日間。

まだまだいろんな管を体につけてる状態の母ですが、高齢の手術だからと心配していた術後の認知症のような症状も特にみられずほっとしています。

まだまだ弱々しいのですが、頭はしっかりしているようです。

夜中に時々自分がどこにいるのかわからなくなったりすることもありますが、これも看護士さんから事前にそういう幻覚のようなものを見ることもあると言われていたので、特に心配することもなく・・。(父も義母も同じようなことがありましたから)

いろんな管をつけての歩行訓練ももう始まっていて、少しづつではありますがリハビリも順調にすすんでいます。

そうそう、病院内で意外な再会があったんですよ。

あるとき、母が入院している同じ病棟の同じ階で、ある看護士さんに呼び止められたんです。

その看護士さんは私のよく知ってる人でした。

「わ~、〇〇ちゃん!」

私は昔知人に頼まれて絵画教室で先生をやってたことがあるのですが、その看護士さんはなんとそのときの教え子!

彼女は小学校の1年生から6年生まで絵画教室で通っていて、私が絵画教室をやり始めたときの最初の生徒。
そして、一番長く絵画教室に来てくれていた生徒さん。
その後も彼女が中学生になってから一緒にスキーに行ったり、大学生になったときには私の仕事場のすぐ近くでアルバイトをしたりと、私をとても慕ってくれてました。

ここ数年は会うこともなくなりましたが・・私は彼女の成長を機会あるたびにずっと見てきたのです。

もちろん看護士を目指していたことも知っていましたが、まさか母の入院先で再会するなんて思ってもみませんでした。

もうすっかりちゃんとした看護士さんになっていて感激。

しかも私が母の付き添いで泊まっているときにも夜中に母の点滴をチェックしに来てくれたりして・・・。

こんな再会もあるんだな~としみじみ思いました。

と、同時に私も歳をとるわけだわと嘆いてみたり・・。(彼女のお母さんとはほぼ同い年ですから・・)

母の状態がこの先どうなっていくのかわかりませんが、今のところは順調だと信じてる私たち。

こんな再会も含めて母には不思議と運を呼び寄せる力があるんじゃないかと思わされることがよくあります。

母もそれを信じて今後のリハビリも前向きに、頑張ってくれるんじゃないかなと期待しています。














クリックしていただけるとランキングに反映します。よろしくお願いします>o<
にほんブログ村 料理ブログへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
kappaさんのお弁当だ〜!
久しぶりに見たけど、やっぱり美味しそうなものがぎっしりですね〜
牡蠣グラタンが入ってるなんて贅沢だわー
kappaさんがよく牡蠣グラタン作ってるんで
うちでも作りたいー!と思いつつなかなか
牡蠣を贅沢に使えない小心者です。汗

お母様の容態安定してきているようで
良かったです。
手術をした後はどうしても朦朧としがちなので
時間の感覚が分からなくなるのは仕方ないですよね。
年配の方は特にそれがひどいようなので…
でも、リハビリを始めてらっしゃるようなので
頑張ったらもう少しで退院出来るかもしれませんね!
早く退院してkappaさんの美味しい手料理を
食べて欲しいですね〜
コナ URL 2010/01/13(Wed)20:13:28 編集
コナさま☆
久しぶりのお弁当は、前日の残り物が多かったです^^;。
牡蠣グラタン、私も久々食べましたが、やっぱり牡蠣とクリームって合いますね☆
美味しいですよ~。

おかげさまで母の様子は毎日会うごとに回復してきてるように見えます。
看護士さんの叱咤激励でリハビリにも励んでいるようですし。
私も面会の時間を短くしたりと少し余裕がでてきました。
そうそう、母はずっと点滴でもう一ヶ月も水、お茶以外何も口にしていないんですよ!
私だったら気が狂いそうです><。
今は退院したら、うに、蟹を食べたいなんて言ってますから、豪勢な全快祝いをやらなきゃならないかもしれません^^;。
kappapooh URL 2010/01/14(Thu)11:37:33 編集
無題
御弁当はなぜか飽きない。コンビニとか買った物って2日くらいで飽きてしまいますよね。健康的にも手作りってやっぱり良いんだなって思います。
お姉さんの喜びわかります。特にkappaさんの御弁当っておしゃれだし。。。

お母様の看病も大変ですね。お母様も体調も回復しているようで一安心ですね。
巡り会いもあって、良い事もありましたね!
りーmaman URL 2010/01/17(Sun)08:23:16 編集
りーmaman さま☆
私は週2回仕事してるので、このときとばかりに、コンビニ弁当や、マックを買ってきてお昼にするんですが、これも毎日だとやっぱり飽きるな~と思います。
やっぱり手作り弁当は優秀ってことでしょうか?
姉も喜んでくれましたけど、
誰かと一緒に食べるっていうことでよりいっそう美味しく感じたんじゃないでしょうかね^^。

母のことお気遣いありがとうございます。
母が日に日に回復してくるとこちらも病院に行く楽しみが増えます。
思いがけない再会も、なんだか不思議な縁を感じて。
これでいい方向に向かってくれれば言うことないんですけどね^^。
kappapooh URL 2010/01/18(Mon)12:04:04 編集
忍者ブログ [PR]